クリエーちブ

いろいろ作ってみるブログです

あれからもうちょっとファレホを使ってみての感想です。

まず、前回作った水性パレットはかなり使い勝手がよく、
途中で終了しても蓋をしておけば次回すぐ使い始められます。
特に混色したものをそのまま取っておけるなんて便利すぎ。

逆に乾いた塗料は一度水分がなくなってしまったらもう水には溶けません。
特に筆に付いたものは取り除くのはなかなかに困難です。
だから筆は何本か用意しておいて使ったらすぐ水にジャボン!
で洗ってる間に次の筆を使う~みたいな流れにしています。

筆先はみなさん気にしますが根本にも塗料は浸透するんですよね。
根本もすぐに乾いてしまうので、乾燥する前にジャボンしてキレイにしないとやばいです。
10回塗ったら1回ドボン。
自分的にはそのくらい頻繁にやったほうが良いと思ってます。

もし専用クリーナーみたいなものがあるのだったら欲しいですね。

筆塗りで気になるのが筆跡。
こちらは全く気にならないです。本当にキレイなもので、
乾くとどちらの方向に塗ったのかもわかりません。
ただ1度筆を乗せた所は乾くまで放置しておかないとダメ。すぐ何度も同じ所を塗ってはいけません。
臭いもないので急がずゆっくり何かしながら塗るくらいで良いと思います。
とにかく焦っちゃだめです。

■隠蔽力
隠蔽力は色によってかなりの差があります。
これはどの塗料でも同じですね。
黄色、赤、白などは何度も塗り重ねないと下の色が見えてしまいます。
ただ、白はかなり良いです。
もちろん何度か重ねる必要はありますが最後は綺麗に下地を隠してくれます。

■調色
塗って乾いたあとは色味が1段階沈みます。
なので明るめの色を選んで塗る必要がありますね。
そして色を混ぜれば混ぜるほどどんどん彩度が落ちます。
ファレホがあれだけ色を販売しているのは
混色で自分の欲しい色を作るのは難しいので
欲しい色を選んで購入というのを推奨しているからかもしれません。

そして色毎に粘度や粒度が違うのでそういう面でも混色が難しいです。
しっかり混ぜても水性パレットに残った塗料を翌日見ると分離しています。

■ウオッシュ
ウォッシュで全体を塗るとそれこそ全体の色味が落ちるので、
奥まった部分にだけ流し込んでスミ入れとして使おうおうとするんですが、
塗った部分と塗らない部分の堺がはっきりしてしまいます。
そして乾燥が早いので更に始末が悪い。
結局、対策として少ない範囲に塗料を塗って境界をすぐに乾いた筆で拭き取る。
この方法でなんとかごまかしてます。

本来のウォッシュの使い方は
全体に1色塗って、その上から全体にウォッシュ。
で最初に塗った色を明るい部分に上から重ねていく。でしょうね。
こちらのせなすけさんの塗装方法が参考になります。

結局、アクリル塗料なので上から塗り重ねていく使い方しかないんですね。
下の色を活かして重ねていくような塗り方は考えないほうが良いと思います。

■塗膜
ラッカー塗料しか使ってなかったんですが、ラッカーと比較してすごく弱いです。
こちらの大きなパーツなんかは知らないうちに何箇所も剥がれてしまい、どうしようもなくなって
他の色を塗り始める前にポリウレタンマットバーニッシュを塗って保護することにしました。
どこかのサイトにバーニッシュは3度塗り推奨となってましたので3回を予定。
aaaaaa
そして「瓶は振るな、棒で混ぜないと泡立つぞ」
と書いてありました。
目薬タイプのノズルなのに振らずにかき混ぜろというのは使うたびにノズルをはずせということなのか?
まぁとりあえず振ってみました。
たしかに泡立つけれど塗る時に泡が残らないように注意して塗ったら泡は問題じゃなかったです。
どのくらい強度に違いがでるのかレジンに直塗りしたもので試しました。
左が塗料を塗ったまま。右がバーニッシュ塗布。
IMG_20200116_140617
3度塗って乾燥&硬化待ちで1、2週間、十分に放置したのを確認しつつ恐る恐る爪でカリカリと・・・
ほぉ これはかなり硬いですよ。
軽く引っ掻いても傷付きません。
バーニッシュを塗るとものすごく丈夫になります。
”ポリウレタン”とうたってるだけあってさすが!

で、もうすっかり忘れられてるほい~るくんを塗ってみました。
IMG_20191119_105144
まぁ良い感じ。
意外と上手に塗れました。
4a3d047e-p
IMG_20191122_094015
元絵と比べても憎たらしい感じがよく出てますね。
これはさっさと仕上げて裏にマグネット仕込んで完成させます。



混色が期待できないのでやっぱある程度のセットを買っておいたほうが良いですね

今回は塗料の話

最近水性塗料が話題で、その中でもシタデル、ファレホの話をよく聞きます。
ラッカーは臭いし、準備が面倒なのでどうにか代替できるならしたいなと思い、
ファレホの方を買ってみることにしました。
なぜファレホにしたかというと、ボトルの形が気に入ったからです。
押すと一滴ずつ出るタイプなので倒してもこぼれないし、適量出せるのです。

今回買ったのはこちら
color
これだけあればまぁ大概のものは大丈夫かと。
筆は100均でネイル用の細いやつを中心に購入。
IMG_20191119_113255

あと重要なのがパレットです。
ちょっと塗ってみたところ、塗料の乾く速度が早いのでそのままだと
あっという間にガビガビになってしまいます。
なので、こんな感じのものを用意します。
やはりネットで知った情報ですけど、使ってみたらすごく良いので超おすすめです。
IMG_20191119_113217
水を入れたタッパにスポンジを浸して、
IMG_20191119_113229
その上にクッキングペーパーを乗せるだけです。
この上に塗料を乗せて使うんですが、いくら放置しておいても乾かないです。

そしていままで作って放置しっぱなしの猫さんを塗ってみました。
ブログに書く前にいつの間にか複製してある猫です。
IMG_20191119_105015
はじめに、買った塗料のうち、「ウォッシュ」というのを試します。
ウォッシュというのは墨入れに使う塗料みたいなんですが、
エナメル塗料のように最後に流し込むタイプではなく、
「全体のトーンを統一させつつ凹んだ部分に残る」
そんな感じの塗料みたいです。
いまいち効果が理解できなかったのでこれを最初にテストすることにしました。

元からシャバシャバのウォッシュを水で更に薄め、全体にさらさら~っと塗りました。
そして、残ってほしくない凸部分に対し別の筆で軽く拭き取っていきます。
結果は、上の画像の左半分。
全体にうっすら色が残りつつ墨入れされていますね。
凹んだ部分だけに塗る従来のエナメル塗料のような使い方とは違うということでしょう。

次にグラデーションはどうすればいいのかなと赤を塗ってみることに。
塗料を筆につけ、かすかに残るようにして残りを拭き取ります。
いわゆるドライブラシですね。
そしてその筆で何回もこする感じで色をのせていくことでグラデーションを作ることができました。

IMG_20191119_104944
耳とこめかみの部分です。
ドライブラシに適した筆を使うともっとうまくできそうです。



ファレホは色数がたくさんあるので迷ってしまいます。
まずはこのようなセットを買うのも手ですね。



さて
別のブログも始めてしまってこっちに手が回らなくなってますが、
やめる気もないので気まぐれで更新します。

たしか夏前のamazonタイムセールで買いました
こちらの新兵器。
IMG_20191001_111414
ANYCUBIC PHOTONです。
4万円しなくらいで買えました。
定価は6万円くらいする機械です。
新型が出たのと少し古いのでこの値段なんでしょう。
セール後も値段は落ちてますので買ってみては?

これは何かと言いますと、
3Dプリンターなんですね。
今まで使っていたzortraxはFDM方式という溶けたフィラメントをソフトクリームのように
上から垂らし、積み重ねて形状を作っていく方式です。
今回のこの機械は光で造形するプリンターなんです。
造形方法はFDMとは違って、液体レジンに紫外線を当て、UV硬化させることで
形状を作る方式です。
IMG_20191001_110953
付属品一覧です。
左上のがレジンの入っているボトルです。
IMG_20191001_111832
そのレジンを下にあるバットみたいな部分に溜め、更にの下からライトを当てて
硬化させていきます。
3Dデータで光を当てる部分を1層ごとに調整していくことによって
欲しい物を立体化していくんですね。
IMG_20191001_111907
硬化させたレジンが成形されるのがこの部分になります。
プラットフォームと言います。
ここに造形物はぶら下がって出てきます。
よくネットで造形物を取り出すことを「収穫」と称されますが、
このぶら下がった状態が果物の実がなったように見えるからでしょう。

そして、このphotonでは最大この広さまで造形できるというわけです。
FDMよりはだいぶ狭いですけど、
このプラットフォームの大きさが機材の値段によって前後してくる部分でしょうね。

photonのように多くの人に使われてこなれてきた製品は
ネットにノウハウがたくさんあります。
こういった点もphotonを選んだ理由の1つでもあります。
特にこのおじさんの解説はよいですね。



その他でも十分調べたあとで、プリントしてみました。
IMG_20191011_092832
付属のUSBに入っていたデータです。
まぁ綺麗!
後処理は必要ないんじゃなかろうか?

今後他のもプリントしてみます。


あ 今ではもっと安くなってますね。
こりゃ持ってない人は買わなきゃ損だw




猛暑が続く中、更新頻度が下がっておりますな。
なんと今回の記事は5月頃に作業した内容だったりします。

前回に続き、一番重要で難儀な顔パーツの型を作ります。
原型はこのような形状。
IMG_20190123_20415101
IMG_20190123_20415102
これをオーバーフロー式で作る場合、
背面パーツと同様、垂直配置で作ってしまうのは危険な気が。
後ろの穴の形状を主として考えると垂直に配置するのが理想だと思います。
しかし、そうするとどうやっても耳部分を抜くことができない。
なので耳を主として考え、抜けやすいよう耳にパーティングラインが入るような配置にしました。

粘土の境界線ができるだけ真っ直ぐになるよう模索しながら粘土に埋めて行きます。
こんな感じでしょうか。
sa01

更に今回は新たな試みを。
シリコンを流し入れる際、原型の表面が薄く覆われるくらい流したら一旦終了。
そして筆でシリコンをまんべんなく原型に塗ってあげます。
sa02
こうすると原型の細部までシリコンを手作業で行き渡らせることができるのと、
薄く塗ることでたとえ気泡が発生したとしてもすぐ表面に逃がすことができます。
薄いシリコン層が硬化したら、あとは何も考えずに残りのシリコンをドバっと流してやります。
もちろん余った古いシリコン片も忘れずに。
ここにもしも気泡ができていたとしても原型に触れる場所ではないため何も問題ありません。
これが今回気泡のないきれいなシリコン型を作ることが出来た理由です。

ちなみに
シリコンを塗るのに使った筆はすぐにツールクリーナーで洗浄しないと再起不能になります。
私は1本無駄にしてしまいました。

その後こちらの型もシリコンを段階的に流し入れ、途中で粘土の壁を作ることで
シリコンを節約、最後に石膏でバックアップをしました。
sa03
sa04
sa05
少し工程を省きましたが
こちらが完成したネコの顔部分の型になります。
今までになく完璧に近い形でできたと思います。
見る限り気泡は皆無。
複製時は右の型にレジンを溜めて左の型で蓋をし、溢れさせる予定です。

上の方で書いていた「耳を主として~」という意味は
こちらを見ていただければよくわかると思います。
左の型を横から見るとこのように少し斜めになっているように見えます。
しかし、耳の部分を見ると、耳の稜線に沿って分割ラインが走っているので耳部分にとっては
非常に抜きやすい形状の型となっているのです。
sa07


そしてこちらの右にある真っ白いのが石膏のバックアップです。
sa09
sa08
レジンを溜める方の型はシリコンを極限まで節約したので裏側は非常に歪です。
その隙間を埋めるのとゆがみ防止のために石膏の土台を作っています。

ツタンカーメンの時のようなアンダーゲート式は下から流れるように湯道を作らねばならないので
原型が小さくても全体としては思っているよりもかなり大きい型が必要になります。
それに比べてはるかに小さく作ることができるのがオーバーフロー式です。
しかし、「オーバーフロー」とは読んで字のごとくレジンを流し込んで型に行き渡らせつつ、
更に余分な量を溢れさせようとするわけですから、
まず、レジンを溜めるための十分なスペース=深さが必要なんですね。
そこがオーバーフロー式の欠点というか注意しなければいけない点です。

ここまでシリコンを節約~と何度も書いていますが、
今回は十分な深さを維持しつつ、不必要な箇所への使用を抑えることができたので
シリコンの節約という意味でも今回は非常に優秀な型を作成できたと思います。

まぁ何度もシリコンを節約~と言ってた割に、ベトベトのまま硬化せず、
どうしようもなくなったシリコンをいくつか作ってしまったりしたんですけどねw
原因はどうやら撹拌不足だったみたいです。

複製に必要なレジンの量を算出するために、この型に水を入れ、その量を測っておきます。
水とレジンの比重は調べていませんが、レジン溶液の缶を持っても水とそれほど変わらない感覚なので
レジンは水の量と同じ数値にしてやってみます。
もしも多かったり少なかったりしたら次の複製から調整していけば問題ないので。


1度レジンを流してから気がついたんですが、顔パーツの型で問題が。
はじめにA型にあふれる手前までレジンを入れて硬化。その後、B型にレジンを流して
A型で蓋をして余分なレジンを溢れさせるという手順で考えていたのですが、この方法だと、
はじめに入れたレジンをA型で完全硬化させてしまうと、B型に干渉して蓋ができなくなってしまうことが判明しました。
どういうことかというと、
薄い耳の部分はA型の凹んだ部分とB型の凸部分で薄い耳が成形されるのですが、
A型にレジンを注いで硬化を待つと、その硬化したレジンが邪魔をしてB型で蓋ができなくなるわけです。

そこで苦肉の策でまずA型にレジンを注いで、硬化する前にすぐB型で蓋をしてしまいます。
そのまま硬化を待つと、レジンはもちろん型全部に行き渡っているわけではないのでこのような中途半端な成形物ができてしまいますが耳の部分はしっかりと成形できてます。
その後、残りの部分を成形するために、今度はひっくりかえしてB型の方にレジンを流し入れます。
ここに先程の中途半端な状態の成形物がついたままのA型で上から蓋をします。

聞いたことのないアクロバティックな方法ですが果たしてうまくいくのでしょうか?


長いこと更新していませんでしたね。

しかし、ちゃんと進んでいたんですよ。
今回は原型終了してからの複製作業です。

まず、例の粘土と例のシリコンを用意します。
IMG_20181004_175156
IMG_20181004_192357
そして背面パーツ、顔パーツそれぞれを2分割する型を作成するため、
頭の中で計画しながら粘土に埋めていきます。
ちなみにほい~るくん同様、今回もオーバーフロー方式にします。シリコンの使用量もそれほど多くないし、なにより経験上失敗が少ないから。

磁石を付ける背面のパーツは単純な形状なのでそれほど悩まずにささっとできました。
とはいえ結構工程が多かったです。
IMG_20190325_194848
まず、眼球は最終的に半球になったので眼球固定用の凹み部分はパテで埋めました。(黄色部分)
そしてオーバーフロー式に対応させるため、原型を1段高く配置します。
この理由は後ほど。

その後、シリコンをギリギリまで節約するために、流す回数を何回かに分け、
ある程度の段階で粘土の壁を作り、必要な部分にだけ流して最低限の量で済ませました。
IMG_20190325_202603
IMG_20190327_191610
IMG_20190402_190614
IMG_20190402_192031
ここまできたところで石膏を注入してバックアップを作り、最終的に四角い正方形となりました。

そして・・・
IMG_20190422_175518
左の蓋にあたる部分の説明は省きましたが、こちらができあがった2面型です。
最初に粘土で1段高くしておいた理由は、こうして型に1段壁をつくるためだったのです。
注型時にはこの段差までレジンを溜め、上から蓋をしてこの段差分のレジンを外に溢れさせることで目的の形を抽出することになります。
これがいわゆるオーバーフロー式という方法なんですね。

IMG_20190422_175559
IMG_20190422_175556
IMG_20190422_175552
ちなみにこれらの写真、左がシリコン型で右側が石膏バックアップです。
途中の粘土の壁からシリコンが漏れたりしたので少々思っていたのと違う形になってしまいましたが
こちらは適当でok。

気泡も全くありません。
なぜ気泡がないのかの理由は次回で。





もう平成も終わってしまいますね。


このページのトップヘ