クリエーちブ

何かを作っていくブログです

前回の続き
いよいよ3面型の完成です。

パカッ!
開いてみました。
IMG_20171109_102043
一見思った通りに出来ているようですがどうでしょうか。
原型を取り外して細部を確認してみましょう。
まず、背面は・・・
IMG_20171109_102334
目立った気泡もなく非常に良い仕上がりではないでしょうか。
原型からパテが少し剥がれてこびりついていましたが問題なし。

さて次はその反対側正面部分です。
IMG_20171109_102330
裏から支えている指が透き通るくらい鼻の部分が薄い仕上がりになってしまいました。
これも予想通りで石膏バックアップがあるので問題ないだろうという判断です。

次、内側部分です。
IMG_20171109_102345
後からグニグニ押しただけあって一番綺麗にできている気がします。

次は残った胸飾りや頭部のアクセサリーをいっぺんに型取りしようと思います。

さて 前回の続き、正面部分のシリコン作業がおわり、
最後3つ目の型である内側部分ですね。
今の状態で型を開いてしまうと全てが水の泡ですので間違えないように、
この原型の内側に埋めてある粘土だけを取り出していきます。
IMG_20171107_125645
こんな感じでしょうか。
IMG_20171108_103330
IMG_20171108_103402
なかなかうまい具合にできているようです。
そしてここにシリコンを流していきます。
用意してあった古いシリコン片と一緒に流し込みました。
IMG_20171109_101845
ラップで上から蓋をして指でグニグニと押し込みました。
2面型作成時にもこういう強引なことができれば気泡が減らせるんじゃないかと思うんですがねぇ。

あと、ラップとシリコンって大丈夫なの?と思いましたが、硬化後はこのとおり綺麗にはがれました。
ツルツルしていて気持ち良いですね。
IMG_20171109_101851
このラップを使った方法、何か応用できるかも。

さてさて次回はシリコン型を開いていきますよ。


おお!気づかぬうちにまた1月程空いてしまいました。

今回は前回の型の反対側の作業です。
シリコンと石膏を流してレゴブロックを外した状態がこれ。
IMG_20171017_115916
IMG_20171017_115951
これをひっくり返すと
IMG_20171017_120444
久しぶりのご尊顔と対面でございます。
ここから必要のない粘土を取り除いていきますよ。
なんとなく取りやすいようにしておいたのでこの作業はちゃちゃっとやります。
ほい!
IMG_20171017_120939
この頭の下にある粘土部分が3つ目の型になる予定の部分です。
さて再びレゴブロックで周りを囲みます。
IMG_20171102_102424
そして3つ目の型のためのダボもつけてシリコンを流していきます。
IMG_20171102_124348
この位見えなくなれば結構でしょう、シリコンが硬化したら更に石膏を流して行きます。
そしてできたのがこちら。
IMG_20171107_125631
片面やってから間があったせいか石膏とシリコンの間にカビが生えてましたわ。

いやぁまだ続きがあるのにここまでだけでも長い戦いでした。
冬のシリコン作業は気を使うし失敗が多いですね。
硬化剤をものすごく減らしてもドロドロで流れてくれないし気泡が多い。
暖房で温めてやると柔らかくなるんだけど面倒臭いですよ。
今後は冬を避けて計画しなきゃね。




あれから大分時間が経ってしまいました。

仕事関係で強烈な出来事が起こってしまいまして、
ツタンカーメンどころではなかったのです。と毎度の言い訳を書いておきます。

前回の続きから。
シリコンが無事固まって、今度は少し硬化剤を多めにした状態で
2度目のシリコンを200g流します。このときシリコンブロックを投入してかさ増ししました。
こんな感じです。
IMG_20170928_172114
これだけシリコンを入れても高低差が激しいので高い部分は薄っすら粘土が透けた状態。
特に後ろ髪の部分は厳しいです。
IMG_20170928_172206
この薄い部分を厚くるためにこの周りだけ粘土を盛り、シリコンを流します。
IMG_20170928_175215
IMG_20171001_130930
硬化したらこんな感じに。
IMG_20171013_135841
いちばん高い部分はまだ埋めきれていませんがもう終了。
そしてこんなボコボコしたままだと最後クランプできないので平面になるよう石膏を流します。
200gでたりなかったので追加で200g。
石膏は安いので躊躇なく使うのです。
IMG_20171013_143541
なんだか巨大な豆腐みたい・・・

初めて石膏を使いましたがこんなに早く固まるもんなんですね。びっくりした。
この時点で超重いんですけど・・・大丈夫かな?


これ本物なの?

お久しぶりの更新です。

思えば1ヶ月くらい更新していませんでしたね。
今日までいろいろあったんですよ~ と言い訳。

粘土に埋めてからシリコンも用意してすぐ作業できる状態だったのですが、
粘土の埋め方がこれで良いのか、シリコンに気泡を入れずに型が作れるのか
いろいろ考えてしまって手が動かなかったんです。
で結局粘土はこんな感じに決めました。
IMG_20170923_222630
黒いのはセブンイレブンでもらったストローです。
蛇腹部分を粘土で埋めてきれいなラインを作ってます。
そしてシリコンを流すのですが、まず薄い層を作るためにまずは50gくらい流してみることに。
主剤と硬化剤の割合は100gに対して5gということなので、
50gと2.5gをしっかりと混ぜ合わせます。
なんか感じがちがうなぁ~と思いながら流し入れてみると、全然流れていかないじゃないですか。
糸のようにタラ~っとやりたいのにダマダマな感じ。
理想は練った水飴なのに今回はフルーチェ。
まぁ後戻りできないのでそのままドベッと入れるとご覧の通り。
IMG_20170923_224034
ちなみにここから硬化するまで全く広がってません。
で、硬化後にペロッと剥がしてみると案の定ダメダメな出来。
IMG_20170924_080137
もちろん気泡だらけ。
硬化剤が多すぎたんですね。話しには聞いていたけれど季節、気温によって硬化剤は
少し割合を変えないといけないんですね。これは難しい。
しかし幸いなことに被害は50gですみました。
さっそくこの失敗シリコンもバラバラに切ってかさ増し用にストックです。
IMG_20170924_100640
さて気を取り直してまたシリコン流し込み作業を再開です。
次は硬化剤の比率を変えて1gくらいにしました。持っている秤は1g単位なので
微妙なところはわかりませんが大体1g。
今度は水飴っぽくなってますね。よしよし。
つ~っと流してやりましたよ。
IMG_20170924_110915
細い溝にも綺麗に流れていきます。
そして念のためにエアーブラシでシュー。
その後上に蓋をしてコンプレッサーを乗せてしばらく振動を加えます。
IMG_20170924_110948
小型のコンプレッサーならではの使い方ですね。
で十分に気泡がなくなったのであとは硬化待ち。




って~おぉい 固まらんぞー。
カップに残ったシリコンを突いても一向に固まる気配がないです。
もしこのまま固まらいのならヤバイです。
液状のシリコンを除去するには粘土も原型も全部バラバラに分解して掃除しないと。
最悪また粘土盛りからやり直しですよ。

・・・と心配だったのですが1日経過したらなんとなく固まってきました。
あと1日くらい置けば大丈夫かな。

はぁ 焦るわぁ

このページのトップヘ