クリエーちブ

何かを作っていくブログです

前回欠けてしまった部分を含め引き続き髪部分を調整してました。
エポパテや、溶いたラッカーパテを使ってなんとなくここまで形が落ち着いてきました。
以前のブログの写真を眺めてみるとここまでの長い道のりを思い出します。

ここのところブログの更新は滞ってましたが作業は毎日欠かさずやってたんですよ。
ただ進展が無いばっかりにブログを更新できなかっただけで。
週1更新を目指していたのに3週間くらい空いてますな。

ここでやっと見せられるくらいの進展があったので更新します。

髪部分がほぼほぼ終了!!
エポパテをおゆまる型で整形し、髪として貼り付け。
隙間やボコボコした部分をペーパーやパテで綺麗にしました。
こんな感じだったものが
IMG_20170417_232509
数週間かけて
IMG_20170518_214733
地道な作業を繰り返し
IMG_20170624_122326
こうなりました。
前のほうも
IMG_20170624_122601
IMG_20170624_122539
IMG_20170624_122536
後ろも
IMG_20170624_122444
IMG_20170624_122438
この作業で最も役立ったのがラッカーパテです。
切削性が高く乾燥も早いし臭いさえ我慢すれば使い勝手は良いのです。
これを少し溶かしては穴を埋め~を繰り返し整形していきました。
削れてしまったエッジの再現などにも活用し、うまい具合に処理できました。

切削しやすい分他のパテより脆いはずなので今後の複製まで取扱いには注意が必要です。

あと残すは後ろ髪の縛ってある尻尾みたいな部分と目玉だけです。
これは範囲が広いからエポパテでやるつもり。

ところでこの髪部分、
以前プリントした時に強度を持たせるためあえてぶ厚くしてまして、
後々整形しながら薄く削って仕上げていくつもりでした。
実際、本物と比べてみると私のは凹凸がハッキリしすぎているので、
近づけるにはここからもっと削っていかなければいけないのですが
ミニチュアとして考えるとこの位はっきりしていても良いのでは?と思い始めました。
手に持っているときのこの凸凹の感じが意外と気持ち良いですしw

このほどZbrushが4R8にバージョンアップしました。
もちろん今回も無料!
自分が購入したのは2.5の頃とかだったかな?その頃からずっと無料だから凄いですよね。

今回特に期待している新機能がLiveBoolean。
ブーリアン結果をリアルタイムに見ながら作業できるという機能です。
これでもう3D-Coatとか使わなくなっちゃうかもしれませんね。
あと個人的にはこれを機に少しZModelerの機能を覚えようかなと思っています。
ZModelerはポリゴンモデリングができる機能で、メカ物等が作成できる機能ですが
今まではかっちりしたものは全部手に馴染んだ3dsMAXで作ってましたし、
数値入力できないZModelerにはあまり興味がありませんでした。
なんせZbrush上でポリゴンモデリングするつもりが全くなかったのでブラシからまるごと削除してましたしw

ちなみに今入れているブラシはこれだけ。
brush
しかもこの中の3種類くらいしか使ってません。
起動も軽いしブラシの選択に迷わないので楽なんですよね。

部屋の掃除をしたらまだ半分くらい残っていたポリパテが消えてしまいました。
どこを探しても見つからない。

ここのところジョジョを始めから読み直してます。
波紋あたりまでしか読んだことなかったので最初の最初しか知らなかったということですね。
スタンドの発想が素晴らしいのと週刊漫画とは思えない画の密度に驚きです。
もうアートですよ。

アニメも非常に良かったです。
ジョジョの奇妙な冒険 第1部 ファントムブラッド Blu-ray BOX<初回仕様版>
興津和幸
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2017-08-23

ジョジョの奇妙な冒険 第2部 戦闘潮流 Blu-ray BOX<初回仕様版>
杉田智和
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2017-09-27

ジョジョの奇妙な冒険 第3部 スターダストクルセイダース Blu-ray BOX<初回仕様版>
小野大輔
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2017-10-25


またまた時間が空いての更新になってしまいました。
前回からの続きで残っていた前の部分の髪できてきました。
隙間をカッターで切り取る際、髪部分もポロポロ剥がれるので瞬着で補修しながらの作業でした。
方法を間違えたかなと何度も思いながらの作業で非常に苦しい時間を過ごしましたが
なんとかここまで辿り着きました。
ラッカーパテで隙間を埋めたり、積層処理をし始めてる写真なのでボコボコです。
IMG_20170602_081616
IMG_20170602_081625
IMG_20170602_081635
最近ほとんどパテ作業ばかりで、もはや3Dプリンタと全然関係ない領域の作業で
正直ゲンナリですw

最後にプリンター使ったのいつだっけ?
なんとか6月中には仕上げたい・・・無理なんかな。

作り始める前、今回は早く仕上げたいとか呟いていた気がするのに。
とりあえず努力します。

そんな矢先、手が滑って床に落ちましたわ。
乾いた音を立てて落ちたのでヤバッと思ったらこのザマです。
IMG_20170602_084645
IMG_20170602_084647
またやり直し・・・
ふぅ。

最近はSNSでForm2やQholiaでプリントしたものを多く見かけますが非常に素晴らしい出来栄えで驚きます。
もしツタンカーメンのデータをそれらでプリントしたらもうそのまま完成品でしょうね。
どなたかお持ちの方、私のツタンカーメンプリントしてみませんか?

毎週これが楽しみでしょうがない。
特にアルファのデザインが旧アマゾンのアレンジなのに新しい!
というなんともかっこいい感じになっています。
内容もハードで大人の仮面ライダーなのでぜひ!
仮面ライダーアマゾンズ Blu-ray COLLECTION
藤田富
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
2017-02-08



しばらく時間が空いてしまいまたしたが作業は続けております。
ポリパテで作った髪の部分ですね。

隙間のいらない部分を削り取る作業、このあたりまできました。
IMG_20170518_214733
IMG_20170518_214752

IMG_20170518_214825
凹みや欠け、気泡などをラッカーパテで埋め、高さを揃えるためにペーパーがけしてます。
まぁとにかく時間かかりますわ。

この作業がなんとなく落ち着いたので同じように残していた横の部分も加工していきます。
型取りした際のバリをニッパーで粗方取り去って、前後部分と同様に木工用ボンドを点付け。
IMG_20170518_214714
一部折れてますけど、問題ない部分なのでこのまま使います。

で接着。

IMG_20170518_214922
IMG_20170518_215028
IMG_20170518_215032
IMG_20170518_215039
IMG_20170518_215044
さぁまた長い作業が始まります。
いい加減ちゃっちゃと済ませたいですわ。

*ここのところ、UnrealEngineでゲームを製作の勉強をしています。
そのうちなにか発表できたらいいなと思います。
個人的に”クリックアドベンチャー系”が好きなのでそんな感じのものをね。
あまりメジャーな分野じゃないし、3Dの必要性もないですが・・・

評判良いので購入したい。

この記事のタイトル 年齢がバレますねw

仮止めするための接着剤の件、悩んだ末決めました。
「木工用ボンド」

自宅になぜか業務用の大ボトルがあったのでそれでどうかな と。
 
個人的に木工用ボンドは大好きです。
手についても簡単に剥がれるし、臭いもきつくない、それでいて紙と木に使うと非常に強力に
作用してくれるというものです。

いらないパーツ同士で試したらなんとなくうまくいきました。
普通に触るとくっついていて、ちょっと力を入れるとポロッと剥がれます。
間に残ったボンドも簡単に取り除くことができました。
これこそ欲しかった機能です。

早速実践でGO!
といっても全体にベタっと塗るのは怖すぎるので点状に塗布していきます。
まずは後頭部と前頭部だけを。 
こんな感じに塗りました。
IMG_20170418_222756
IMG_20170418_223204
 草間彌生チックですねw

これを髪無しヘッドへペタっと乗せます。

乾燥後に髪と髪の隙間をカッターでカリカリ削っていきます。
削った部分はうまい具合にポロッと剥がれてはくれますが、
その影響で隣り合った髪部分も結構ズルっと浮いてしまいます。
まぁ木工用ボンド、しかも点付けなんで当たり前ですね。想定済みということで。

なので髪が剥げてきてしまったら急いで瞬着で固定します。
今度は確実に残すべきパーツですので強力な瞬着を使用します。

この削っては接着という作業がまた時間がかかりまして、数日かけてこの程度。
IMG_20170425_222403_2
IMG_20170425_222355_2
 終了まで何日かかるやら・・・
その後隙間や凹みも処理した後全体の髪の高さを調整するためペーパーをかけなきゃだし。

今までこのブログに載せていた写真のほとんどはコンデジで撮影していたのですが、
買い替えたのを機にスマホで撮影してみることにしました。
以前使っていたスマホに比べ解像度も高く、コンデジと変わりなく撮れるのでこれからはスマホで撮ることに決めました。

携帯についてるカメラといえば明らかにレンズ経が小さく、期待した画像が得られるはずないと思っていたので普段でもほぼ使うことはありませんでした。
しかし、今回購入したもので試し撮りをしてみると意外とちゃんと撮れました。
進化してるんですねスマホのカメラ。

そして造形終了していないにも関わらず早くも塗装に気持ちが動いております。
皆さんご存知あのツタンカーメンは輝く金色をしています。
金色の塗装というのはかなり難しいらしく市販の金色塗料ではモデラーの方々は満足が得られないそうです。
模型界隈のHPを覗いてみると皆さん苦労されている模様。 
そこで、以前目に止まってブックマークしていたこちらの製品を試してみたいと思っています。
女性ならご存知かもしれませんが少し前に流行った鏡面状のネイル、
それを自分で施すためのキットです。

 
こちらに動画もあるんですが非常にクオリティが高くないですか?びっくりしました。

以前は液状のものと粉状のものとで2種あったのですが、今現在は粉のものが主流みたいです。
このような製品はいろいろなメーカーから出ていて値段も手頃なんでネットでポチろうと思っていた矢先、なんと近所の100均にもありました。
こちら。
IMG_20170421_131337
そのうち実験してみます。結果をお楽しみに!


タイトルの「髪は長い友達」というキャッチフレーズで販売していたのは
こちらのカロヤンです。



 
昔のCMがありました。これで「髪」という漢字をおぼえました。

さあやっと鬼門の髪の毛の作業に入りますよ。
まずはおゆまるで髪の毛つきのモデルから髪の部分の型を取ります。
これね。型取りのためのものなのでプリントしたままほとんど処理していません。
IMGP1172
IMGP1171
数字は前のエポパテ作業で失敗した時の名残りで特に意味はないです。
IMGP1165
まずは後頭部に青いおゆまるを。
しっかりと押し付けて冷水で冷やしたら完成。
次のおゆまるとの境をはっきりさせたいため端はカッターで切り落としました。
そこに今まで作業していた髪なしの原型をはめてみると、
IMGP1166
こんな感じです。
髪の部分だけ見てみましょう。
IMGP1168
ね。髪の部分だけ隙間が空いてるでしょう。
これがやりたかったのです。
そして前面は結局前回と同じくオレンジ色のおゆまるで。
IMGP1170
IMGP1169
 ここにポリパテ+スチレンモノマーでゆるくしたパテを塗りたくり、
髪なし原型でギュッと押し込みます。
その形の差で髪の毛だけのパーツを抜き出そうという算段です。

まず、作り込んだ髪無しツタンカーメンの方にはパテを剥がしやすいようにワセリンでベタベタにしておきます。
そしておゆまる型にパテをペタペタ・・・
でぎゅーっと押し付けて寝ます。

寝ます。というのは、だいたい作業が夜なので寝てるうちに硬化させて翌朝に確認というサイクルでやっていたからですw

で起きて確認してみると、なかなか綺麗には剥がれてくれませんでした。
おゆまるに残ったパテはそれ程厚くなく、その分、原型の方にこびりついて固着していました。
パテの成分がワセリンを通り抜け、原型の素材まで浸透してしまうんでしょうね。
固着したパテはスパチュラ等でガリガリ削り落としてリセット。
IMG_20170416_105224
形が変わるほどではないのでホッとしました。
 
考えた末、もっと剥がしやすくするためにおゆまる型をいくつかに分割し、
細かく局所的に作業してみることに。
そして硬化を一昼夜待つのではなく、数時間で剥がすことにしました。
 
結果、固着は少しあるものの、だいぶ良くなり、使えそうな感じになりました。
前回書いたようにポリパテもヒケが起きるので何度か盛り付けを繰り返してやっとこんな状態に。
IMG_20170416_105114
IMG_20170416_105135
IMG_20170416_105125
まだまだヒケてる部分はありますがこのあたりで勘弁してください。
髪の部分以外にもパテがついているのは想定通り。
そうでないともろいし髪がバラバラになってしまいますので。

これらを頭部に仮止めして髪のラインだけ残して削っていきます。
実際にパテを剥がして乗せてみるとこんな状態。
IMG_20170418_082934
IMG_20170418_082925
IMG_20170418_082914
まぁまぁですね。
さて今その「仮止め」をどうしようか考えています。
まず全体の固定は必須です。
固定していないと削っていく度にパーツがポロポロと落ちていって位置がわからなくなってしまいます。
特に両脇に垂れている部分の髪は何のガイドもないので非常に困ります。
それだけなら完全に接着すればいいだけの話ですが、
髪以外の部分は必要ないので削った段階でポロポロと剥がして捨てていきたいのです。

はて、こんな都合の良いことができる接着剤はどこにあるのか・・・



髪は増える!
山田 佳弘
自由国民社
2015-08-06

私はそれ程困ってはいないのですがなんとなく髪の話題だったので貼ってみましたw

このページのトップヘ