Zbrushでのデータ修正作業を進めていますが、最近仕事の方が忙しく、なかなか進まない状況です。
それでもツタンカーメンの今後の作業方針がだいたい決まってきましたよ。

■背中のヒエログリフは後から手掘り
プリント結果を見ると、縦の溝は十分に使えるのでそのままに、
ヒエログリフだけは手で掘ることを考えています。
もしも忠実に再現できない場合、ディフォルメして簡略化するかもしれません。
気になる点は、手で掘る場合にどの材質を掘るのか?です。
まず、プリントしたままのABSパーツを掘るのは非常に大変です。そもそも硬いし、
積層痕もあるので力の方向が引っ張られるのは目に見えます。
なのでキャストに置き換えてから掘るか、パテで盛ったところを掘るかこの2択なのかなと。
ちょっと試しながらやるしかないですね。

■アゴ髭の模様は後から作る
アゴ髭自体はシンプルな形状なのでプリント結果も良好でした。ただ細かな模様だけは
ほとんど消え失せていたので後から付け足すことにします。
凸なディテールの再現は手芸用の糸かなにかを貼り付ける方法で考えています。
ここも実物に近づけるよりディフォルメの方向で。
003

■頭の青いラインは新手法で
  ここは新たにチャレンジする部分になります。
頭を青いラインのある状態のままプリントして綺麗に磨くのは非効率かつ不可能だと考え、
ラインなしのツルッとした頭とラインありの頭2種類をプリントし、ラインありの頭を型取りします。
  その型のライン部分だけにパテを詰め、ラインなしのツルッとした頭でギュッと押し込むと、
ラインだけの成形品が出来上がるという寸法です。
あとはラインを綺麗に磨いてツルッとした頭に接着すれば完成です。
  新しい手法なので成功するか失敗するかお楽しみに。

ここまでラインという文字を何度書いただろうw ふぅ・・・

■顔と頭を分ける
上記の頭パーツを2種類作らなければいけない時、顔までは必要ないので
まず材料の節約のためという理由と、頭とくっつけたままだとプリントの際の配置角度が
難しくなってくるからという理由ですね。
顔は逆さに配置した状態でプリントする方が良い気がしてきました。
鼻のラインを考えるとサポートが一番少なくなるのは逆さだと思ったからです。
002
001
まだこれは仮状態です

■前垂れは横ラインだけに
前垂れと言っていいのかヨダレ掛けと言っていいのかわかりませんが、胸の装飾部分のことです。
サーフェイサーを吹いた後の状態でやっとわかったのですが、
横のラインは確実にプリントできています。なのでそれだけは生かしておき、
それ以外の部分は思い切ってプリントしないという判断です。
中身はプラ棒かなにかを切って詰めていけば簡単だろうしね。
横ライン以外の部分は深く掘り下げておくだけにするつもりです。
あと、残すべき横のラインの方は気持ち太めに修正します。
006

■鳥と蛇は模様をなくして全体的に太くする
過去データからまだ模様を掘っていない状態のものを持ってきて、ツルッとした鳥とツルッとした蛇に
置き換えます。蛇はもう少し前後に厚みを持たせ、折れないように加工、
更に鳥と蛇はくっつけて隙間を埋めてしまおうと思います。
模様は後で手掘りするかどうかは未定。
あまり目立つ場所でもないので作らなくても良いかもしれません。
004
005

■目玉は後から 
眼のフチや眉毛も悩む所ですが、とりあえず眼球だけはなくしまいます。
凹凸が無いほうが圧倒的に磨きやすいので。これも作業の効率化に繋がります。
どう考えても眼球は後から作った方が簡単で綺麗にできます。
007

結果、手作業が増える感じですが、トータルの作業時間は減る方向に向かうはずです。


お世話になってるマシンです 







再刊行だと!?







だいぶ前に読みました。
レゴのアイテムを作って販売する話は憧れますね
MAKERS―21世紀の産業革命が始まる
クリス・ アンダーソン
NHK出版
2012-10-25