前回埋めた後ろ髪部分、綺麗になりました。
IMGP1056
ポリパテはほんと加工し易いですね。
カッターでもペーパーでもすぐ削れます。

両方使ってみてやっとエポパテとポリパテの用途の違いがわかってきました。
エポパテは盛ってそのまま形をつくるためのもので、
ポリパテは盛ってから削って形をつくるためのもの。
明確に立ち位置が別れていたんですね。
同じパテという名称だけで同一用途でしか使えないものだと思っていたのは浅はかでした。

で、いろいろ使ってみたくなったのでパーツの裏面にベタベタと盛ってみました。
やはり扱いやすくなるので毎回スチレンモノマーで希釈しています。
IMGP1055
IMGP1054
IMGP1053

適当にやっている訳ではなく、
現状のままだと量産する際に面倒になりそうな部分を中心に盛りました。
3Dプリント時にはフィラメントの節約とプリント時間短縮のための形状として裏面構成を考えていましたので複製はあまり視野に入れてなかったんです。
結局、ここもまた自分の見切り発車の癖が出てしまった部分ですw

ポリパテは硬化時間が短いものの、盛っては待ち、盛っては待ちをくりかえしているのでこの程度しか進んでいません。

早くほい~るくんも進めたいなぁと思っているのですが、
ネオジム磁石を買ってきたくらいで進展なしです。