さあやっと鬼門の髪の毛の作業に入りますよ。
まずはおゆまるで髪の毛つきのモデルから髪の部分の型を取ります。
これね。型取りのためのものなのでプリントしたままほとんど処理していません。
IMGP1172
IMGP1171
数字は前のエポパテ作業で失敗した時の名残りで特に意味はないです。
IMGP1165
まずは後頭部に青いおゆまるを。
しっかりと押し付けて冷水で冷やしたら完成。
次のおゆまるとの境をはっきりさせたいため端はカッターで切り落としました。
そこに今まで作業していた髪なしの原型をはめてみると、
IMGP1166
こんな感じです。
髪の部分だけ見てみましょう。
IMGP1168
ね。髪の部分だけ隙間が空いてるでしょう。
これがやりたかったのです。
そして前面は結局前回と同じくオレンジ色のおゆまるで。
IMGP1170
IMGP1169
 ここにポリパテ+スチレンモノマーでゆるくしたパテを塗りたくり、
髪なし原型でギュッと押し込みます。
その形の差で髪の毛だけのパーツを抜き出そうという算段です。

まず、作り込んだ髪無しツタンカーメンの方にはパテを剥がしやすいようにワセリンでベタベタにしておきます。
そしておゆまる型にパテをペタペタ・・・
でぎゅーっと押し付けて寝ます。

寝ます。というのは、だいたい作業が夜なので寝てるうちに硬化させて翌朝に確認というサイクルでやっていたからですw

で起きて確認してみると、なかなか綺麗には剥がれてくれませんでした。
おゆまるに残ったパテはそれ程厚くなく、その分、原型の方にこびりついて固着していました。
パテの成分がワセリンを通り抜け、原型の素材まで浸透してしまうんでしょうね。
固着したパテはスパチュラ等でガリガリ削り落としてリセット。
IMG_20170416_105224
形が変わるほどではないのでホッとしました。
 
考えた末、もっと剥がしやすくするためにおゆまる型をいくつかに分割し、
細かく局所的に作業してみることに。
そして硬化を一昼夜待つのではなく、数時間で剥がすことにしました。
 
結果、固着は少しあるものの、だいぶ良くなり、使えそうな感じになりました。
前回書いたようにポリパテもヒケが起きるので何度か盛り付けを繰り返してやっとこんな状態に。
IMG_20170416_105114
IMG_20170416_105135
IMG_20170416_105125
まだまだヒケてる部分はありますがこのあたりで勘弁してください。
髪の部分以外にもパテがついているのは想定通り。
そうでないともろいし髪がバラバラになってしまいますので。

これらを頭部に仮止めして髪のラインだけ残して削っていきます。
実際にパテを剥がして乗せてみるとこんな状態。
IMG_20170418_082934
IMG_20170418_082925
IMG_20170418_082914
まぁまぁですね。
さて今その「仮止め」をどうしようか考えています。
まず全体の固定は必須です。
固定していないと削っていく度にパーツがポロポロと落ちていって位置がわからなくなってしまいます。
特に両脇に垂れている部分の髪は何のガイドもないので非常に困ります。
それだけなら完全に接着すればいいだけの話ですが、
髪以外の部分は必要ないので削った段階でポロポロと剥がして捨てていきたいのです。

はて、こんな都合の良いことができる接着剤はどこにあるのか・・・



髪は増える!
山田 佳弘
自由国民社
2015-08-06

私はそれ程困ってはいないのですがなんとなく髪の話題だったので貼ってみましたw