今年初めてのブログ更新です。

Magネコさんの続き。
あれからサーフェイサーを吹いて細部を確認してみると、やはりそのまま使うのは無理でした。
やっぱFDM方式のプリンタはもう限界かなぁ
特に毛並みは非常に厳しかったです。

どうしたもんだろうと悩んで、結局毛並み部分はパテを盛りつつPカッターで彫り込むことに。
年末年始はそんな細かい作業で終わりました。
あと、眼球が直径1cmの球が収まるように頭部に空間を作っておいたので、1cm球を探し歩いてました。

手芸屋さんで丁度手頃な値段のものがあったので購入。
IMG_20190123_204524
正直こんなに数は必要なかったけれど結局のところあって助かりました。
作業中にカッターで傷ついたり、パテで汚れたりで使えなくなった球がいくつも発生したので。

で、Magネコさんはどうなったのかというと
IMG_20190123_204221
こんな感じになりました。
右のパーツは顔の裏から眼球を支えるパーツです。
仮にポスカで黒目を入れて配置してみました。
裏面にはネオジム磁石が収まるようになっています。
IMG_20190123_204245
IMG_20190123_20412502

左は問題の毛並みを彫り直した顔パーツです。
IMG_20190123_20415101
これだけ苦労して掘るならプリントした意味ないじゃん と思いつつカリカリやりました。
もとのCGとはだいぶ違うものになってしまいましたがまぁ良しとします。
裏は右のパーツが収まるよう穴が空いています。
IMG_20190123_20415102
2つのパーツを合体させてみるとこうなります。
IMG_20190123_204713
IMG_20190123_204704
IMG_20190123_204725
IMG_20190123_204812
IMG_20190123_204818
一番拘ったのは耳たぶ?部分です。耳の外側あたりにある薄い皮です。
この辺を再現している造形物はなかなかないのではないでしょうか。

このあとは眼球をUVレジンで作ることに挑戦します。
仮の眼球パーツをおゆまるで型をとってUVレジンを流して~という感じでしょうね。
さぁどうなりますことやら。


ネコ関連商品はたくさんあるなぁ



ねこ 2019年2月号 Vol.109
ネコ・パブリッシング
2019-01-12