クリエーちブ

いろいろ作ってみるブログです

2016年03月

前回の失敗に怯えつつ再プリントしていた胴体パーツ、
全てのプリントが終わったところでサポートを取って並べてみます。
ここまでのところ問題なくプリントできているようです。
まるでイカの輪切りみたいですが・・・w
IMGP0605
IMGP0606
 
 これらを恐る恐る組み合わせてみると・・・
うぁぁぁ!!!






 御覧ください。







 隙間もなく綺麗に組みあがりました!
IMGP0593
IMGP0592
IMGP0591
 
 メッシュプレートに長く横たわるようなものは一気にプリントすると
反ってしまうのでできるだけ分割するようにするべし!ということですね。
これも今後に生かしていきたいと思います。

そして我慢できずに表面処理を始めている他のパーツと仮組みしてみます。
IMGP0594
IMGP0595
IMGP0596

非常に良いですね。欲しかったボリューム感が出ています。
がんばって完成させるぞ!


 

前回プリント後、失敗したことに気づきショックを受けた胴体部分について、
気を取り直して再プリントします。

前後に2分割した前回の方法から今回はこんな感じに分割しました。
z

崩れて欲しくない箇所を避け、影響のなさそうな部分を図って上下方向に4分割。
内部の空洞を大きくとり、肉厚を薄くする作業も行いました。

そして歪んだり、反ったりの影響を最小限に抑えられるのでは?ということで
面倒ではあるものの1つづ中央に配置して順番にプリントします。
001
002
003
004

これでうまく行ってくれればいいんだけど・・・

マシュマロマンのプリントが終了しました。
流石クオリティに定評のあるzortrax、
今回は1番細かいピッチでプリントしたので実力を最大に発揮してくれました。
 
まずはサポートを外しながらパーツの確認をしましょう。両腕、両足から。
IMGP0507
IMGP0509
IMGP0508
指や手のひらの皺までちゃんと再現できています。文句なし!
今後の表面処理も楽だと思います。
 
次は帽子。
IMGP0516
他パーツに比べ、表面処理対策で実験的にあえてたくさんのパーツに分けたものですが、
結果はどうかというと・・・
パーフェクト!細かく分割したおかげで処理が楽な面ばかり。
IMGP0542
IMGP0543
 IMGP0518
パーツ同士も気持ちいいくらいぴったりハマります。

次はセーラー服の襟部分。
IMGP0522
IMGP0523
IMGP0536
IMGP0535
IMGP0520
多少焦げがあるもののこちらも綺麗ですね。リボンも美しい仕上がりです。
セーラー服の溝もきっちり出てます。
 
次に頭、1番デリケートで注目されやすいパーツですがどうでしょうか。
IMGP0510
IMGP0512
IMGP0514
IMGP0540

眼球を内側から入れるため内部をくり抜いておき、別にプリントした眼球をはめ込む想定で
プリントしたものですが、結果はご覧の通り。上手くいきました。
IMGP0513
IMGP0511
他の2つの表情もちゃんと再現されてます。
モデリング時にかなり凹凸を強調したつもりでしたがそれほど効果がありませんでした。
もっともっと極端でもよかったかもしれません。
 
ここまでは実に良い成果。大満足です!

・・・しかし、最後の大物、胴体で問題が発生!!
前後に分割してプリント後、特に問題なく綺麗に仕上がってるなぁと思いつつ・・・
IMGP0524
IMGP0525
 
前後のパーツを合わせてみると、あ?あれ?全然合わない!
IMGP0528
IMGP0527
IMGP0526
どうにもパーツが反ってしまって隙間が埋まりません。
よく見ると、中心から離れたら離れただけ反り具合が大きくなってしまっています。 
ABSは反りやすいとは聞いていましたがこれ程とは。
大きいもののプリントには注意しなければならなかったようですね。
 
これだけ大きいものが失敗とは痛い。
茹でて変形させようとも思いましたがきっと無駄でしょう。
潔くもう一度分割方法を変えてプリントすることにします。 

そんな失敗がありつつも1度全体の大きさを確認したいので仮組み
IMGP0533
IMGP0532
IMGP0530
 さすがに20cm超えというのは迫力がありますね。小さな赤ちゃんくらいのボリューム。
胴体が歪んでいるところを無理矢理組んだので横から見ると曲がってますね。
 
しかし、市販のフィギュアでこのくらいの大きさのものって幾らぐらいするんだろう?
今じゃ軽く1万は超えるでしょう。

そして、今後の表面処理。今までと同じくパテを使うつもりですが
また手法を変えて別な方法でトライしてみようと思っています。

・・・そういえばネコも放置したままだったわ。

そしてまた次のアイデアも出てきて早速モデリングを始めてしまっている・・・止まりませんw

これだけプリントしてもまだ最初に付属してきたフィラメントが沢山残っている状態。
家庭用の3Dプリンタはコスパが非常に良いです。
付属してきたものに対して言うのもなんですが、凹凸が判別し辛い白のフィラメントは早く使い切りたい。
プリントしたらまずサーフェイサーを吹く作業が必須なのがとにかく面倒なんです。

次買う時は何色にしようかな?無彩色に近い色だろうな。
グレーにしたらサーフェイサーを塗った所と塗らない所の差が判別できるのか不安だしなぁ 
紫とかあったっけ?

あ、まだ透明のフィラメントも1つ付属されてたんだった。これまた使いどころが難しい色なんだよなぁ。 

このページのトップヘ