前回から引き続き型作成の作業。
まず3つ目の型用の粘土を盛ってみました。
こんな感じ。
IMG_20170806_115500
IMG_20170806_115505
IMG_20170806_115511
IMG_20170806_115518
髪の毛の部分に隙間なく粘土を詰めていく作業は実に面倒くさいですね。
そして忘れてはいけないのは前後の型を作ってからこれを掻き出さなきゃいけないということ。
本当に後からちゃんと掻き出せるのか?
原型の内側はもちろん全部律儀に粘土を詰めているわけではなく、
シリコンの重さに耐えられる程度かつ取り外しやすく詰めているつもり。

そして次に背面の型から作るべく前回作ったレゴ枠に配置していきます。
1つ目の型は原型がシリコンに深く埋まるようにかなり原型を露出した状態で埋めます。
こうすると粘土を外す際、原型がシリコンから外れにくく原型の離脱を防げるんです。
IMG_20170807_090925
IMG_20170807_090930
IMG_20170807_090939
微妙に枠の大きさが足りていないので後でレゴを組み直そうかな。
右の三角部分はレジンを流し入れる部分です。
ここを大きく作っておくとレジンの自重もあって流れやすくなるというのをどこかで見ました。

そういえば今回粘土を埋めるために役に立ったのが「綿棒」。
特に先の尖ったやつが良かったです。
粘土を埋める際、他の部分はほとんどスパチュラで済ませられたのですが、
今回面倒だった髪の凸凹部分はこの綿棒でちょんちょんやることで綺麗にできました。

まだ湯道の作成が残っていますけれど、ここまでで
3つ目型用粘土埋め 1日
型枠配置 1日
思っていたよりも時間がかかります。その間乾いたり埃がつかないようにラップで一時保存してます。

今後の工程メモ
①湯道を作って1つ目のシリコン型を作る
②ひっくり返して3つ目の型用粘土以外の粘土を取り出し離型剤を塗った後2つ目のシリコン型を作る
③2つのシリコン型はそのままに残った粘土を掻き出す
④離型剤を塗って3つ目のシリコン型を作る

この順番を間違えると大変なことになるので慎重にやらないと。

シリコンの流し方も前回と少し変えます。
一気に全部流すのではなく、表面を覆うくらい薄く流した後、一旦硬化させようと思います。
シリコンが薄いと原型付近の気泡が表面に抜けやすくなるのでは?
という考えから試してみることにしました。今回特に厚みがあるので気泡は心配です。
更に一度硬化させてからかさ増し用のシリコンを投入することで古いシリコンが原型へ直接接触するのを防ぐ狙いもあります。
厳密に言うと気温や収縮度やらの関係でシリコンは一気に硬化させるべきらしいですけどね。

あと、夏の間はシリコンの硬化時間が凄く早いらしく硬化剤も半分くらいで十分とのこと。
これは実行するか迷いますね。型の弾力も変わってくるみたいだし。

さぁ次回の更新でシリコン流せてるのか。

あ、まだ他のパーツもあるんだった。

さぁこの夏に終わることができるのか・・・かな。


粘土作業をしている間、息子がずっと「ワン・モア・タイム」をループ再生してました。
この曲のPVは松本零士デザインのアニメなので一見の価値ありです。
ディスカバリー
ダフト・パンク
ワーナーミュージック・ジャパン
2014-01-29