クリエーちブ

いろいろ作ってみるブログです

2018年05月

前回失敗した頭部の複製の件、
ゴムで巻くのをやめてバイスでクランプすることにしました。
100均で適当に購入したバイス4つと、家に転がっていたコルクボードでこんなふうに組んでみました。
IMG_20180428_112415
ってすでに流し込んでる状態の写真ですがw
それと、下にはダンボールではなく、溢れても剥がれやすそうなトレイを敷いてます。

で早速レジンを流し込んだのですが、そのままだとなかなか流れていってくれませんでした。
仕方がないので入り口から棒で押し込んで圧力を加えることに。
何度も何度も押し込んでやっと出口からレジンが溢れてきてくれました。

このやり方、気泡やヒケが発生するため
本来良くないのはわかっていますがこれくらいしか対処が思い浮かびませんでした。
結果にどう影響するか少し心配です。

でもここで焦らず、完全硬化まで1時間くらい放置。

1時間後。
ではゆっくりと開いてみましょうか。
IMG_20180428_113820
おお!
なんだか素晴らしいんじゃないの?!
前回の失敗したものと比べてみると、
IMG_20180428_114604
余計な部分に広がらず、かつ必要なところにはちゃんと行き渡っていて非常によろしい状態。
心配していた棒で押し込むことによる影響も特になく、理想的な出来です。

さぁてこれで量産していこうかね。




今までになく時間が空いてしまいましたが再開です。
以前に比べ、作業環境が整いまして少し広いスペースでやっております。

さて、前回からの続きです。
まず頭部の複製作業をすることにしました。
シリコンの型に離型剤をたっぷり吹き、しばらく放置。
その間にレジン用のA液、B液を1:1で準備しておきます。
一発目は必要な分量がわからないので、適当に少し多めにしました。

その後、シリコン型を組み合わせ、
バックアップ用の石膏で挟んでから太めの輪ゴムで巻き巻きしました。
型の準備が整ったので、A液とB液を混ぜ、しっかり撹拌。
レジンは180秒硬化タイプで、他製品よりゆっくり固まる故、焦らず丁寧に流し込みます。
大きめに作った湯口からドボドボ流します。

・・・あれ?
どんどん吸い込んでいく・・・
と思ったら、下からダダ漏れですわw
ゴムが緩かったー!!!!!

でもしょうがない、硬化するまで待ちます。

硬化後、下に敷いていたダンボールにレジンが食いついて離れません。
無理やり剥がしたら、ビリビリに破れ、なんとか剥がれたものの、
こんな状態です。
IMG_20180423_202128
石膏+レジン+ダンボール
もう何やっても剥がせませんでした。
特に石膏とレジンの喰い付きは半端ないです。石膏にも離型剤を塗っておくべきだったんでしょうか?

こんなに漏れ漏れだったので期待もせずに中身を見てみますと
IMG_20180428_112643
あら、意外とうまく行ってる?
シリコン型の合わせが緩かったせいで関係ないところまでレジンが流れてますけど
そこそこ形はできてます。

が、やはり駄目です。
IMG_20180428_113120
後ろ髪を光に透かしてみると、中がスカスカです。
IMG_20180428_113132
こちらも。

ということで今回は失敗。
次回はもう少し準備を改めてチャレンジします。


このページのトップヘ