先日ひさしぶりにZortraxさんを稼働させました。

プリントしたのは
覚えてますか?あれです、あれ。
そうです”Magネコさん”。
モデルはだいぶ前に完成していて、あとはプリントするだけの状態だったんですよ。
プリント時に作られるサポートの位置と量の具合を考えながらZ-SUITEで配置します。

0001
35°くらい傾けて配置するとサポート量が1番少なくて良い感じでした。
プリント時間は10時間と46分、
思ったよりもかかりますね。積層ピッチを0.09mmにしたからかな?

3Dプリンターは周りの熱変化にすごく左右されるので、できるだけプリンター室内が一定の温度になるよう工夫します。
特に今回は冬場の稼働なので対策は必須です。
いらないダンボールとビニールを適当に加工してこんな感じにしました。
IMG_20181116_1216192
IMG_20181116_121619
これで完璧でしょう!
しかし、相変わらず背面のケーブルを支えるパーツはすぐに剥がれます。
どんな強力なテープでもダメですね。
穴を開けてネジで固定するくらいやらないといかんのでしょう。

キャリブレーション後、SDカードからデータを読み込んでスタート。
約11時間放置です。がんばってくださいZortraxさん。



11時間後。
IMG_20181116_121638
何か居ますね。
IMG_20181116_121659
おお!見事にネコさんが鎮座しております。
Zortraxのプリントは本当に安定してますね。
他のプリンターを使用している方々は成功率を上げるために試行錯誤して大変そうですが、
Zortraxはほとんど考える必要がなく、ボタン押すだけです。ホント楽で助かりますわ。
今まで何度もプリントしてきて、失敗したのはたった1度だけですもん。

さて、ネコさんをチェックしていきましょうか。
IMG_20181116_121647
IMG_20181116_121834
IMG_20181116_122057
IMG_20181116_122102
IMG_20181116_122136
なんだかサポートがほとんど意味をなしていない感じですが・・・
剥がれてしまっているのかな?
ということで元のZ-SUITEのデータを見てみると、
名称未設定-1
もとからこんな感じだったんですね。
相変わらず多少の焦げが散見されますがほぼ問題ないです。
と安心したところで

あ~!!!!

顔の裏に穴が空いてないぞ?!
本来なら顔の裏に穴があり、そこへ蓋をするように背面用パーツを入れるようになっているはずなのに。
001
002
どうやら間違えてブーリアン前のデータでプリントしてしまったみたいです。

かなりショックだったものの、気を取り直してデータを差し替え、すぐにプリントし直し。
すぐにとは言っても結果が見られるのはまた11時間後ですがね・・・
IMG_20181121_121619
はい!出来た。

IMG_20181121_122001
IMG_20181121_122053
今度は間違ってません。
失敗は見なかったことにしてくださいw

こういった突然のトラブルでもさらっと安定して再プリントしてくれるZortraxさんにまたまた感謝です。