クリエーちブ

いろいろ作ってみるブログです

タグ:アナログ作品

過去3回に渡って書いてきた過去作品紹介の第4弾です。
ちなみに3回までのものはこちら
過去作品紹介1
過去作品紹介2
過去作品紹介3 
子供のために作った作品群ですねw

でも今回は少し毛色が違って模型寄りです。
しかも一番古い作品になります。

では参りましょう。

ずっと行方不明になっていてもう見つからないと諦めていた作品が
つい先日、実家で発見できました。
3Dで作りなおそうと計画していたあの「七色仮面」です。
以前のブログで何回か載せた事がありましたね。
IMGP0307
04
03
02
01
IMGP0311


この七色仮面は初の自作フィギュアです。
もう20年位前に作ったもので、材料はファンド、塗料はリキテックスだったかガッシュだったか。
まだCGのモデリングとか知らない時期の作品です。
元作品は全く見たことはなく、どんな作品なのか知りませんでしたが
当時雑誌「宇宙船」に載っていたビリケン商会の七色仮面の出来に触発され、
方法も材料も知らないまま漠然と作り始めました。
調べてみたところ1992年春発売号だったので24年前でした。

これも完成までに数ヶ月はかかったと思います。
色は宇宙船に載っていた写真そのまんまですw
当時ネットとかほとんど無かったので資料は雑誌の中の数枚の写真以外皆無。
今ならちょっと探せば写真だけでなく動画まで見られるところもあるというのに。

しかし今あらためて見直してみるとよく出来ている所、ダメダメな所がありますね。
マスク周りは意外とよく出来てるなぁと思いました。後頭部の溝の線もまっすぐ引けてるw
耳の部分もちゃんとした楕円形だし。
頭部分はあまり作りこんだ記憶はないんですがねぇ
IMGP0329
IMGP0317

手と足はなんだかダメな感じです。
腕の長さといい、大きさといい、小さくて丸っこくて違和感がw
IMGP0287
IMGP0282
 
その手が握っている銃もかろうじて銃口に穴が空いているものの他のディテールは何もなし。
マントも粘土のうねりにまかせて適当に作っただけなので材質や厚みの表現ができてませんね。
IMGP0284
IMGP0313

今作り直したらもっとうまく作れるかと聞かれても自信を持って「はい!」とは言えませんw

あと、ものすごく感心したことは、
「色がほとんど禿げていない」ことですね。
丁寧に扱っていたわけではなくただ放っておいただけにも関わらず、これほどまでに状況を保っているのが驚異的です。
紙やキャンバスに使う画材って実に丈夫なんですね。下手なプラモデル用塗料なんか目じゃないです。
マシュマロマンは慎重に扱わないとすぐ剥げたり色移りしちゃってたんですが・・・
金属色の金も銀も色褪せてなくたぶん当時のままです。

実はラッカーは体質的にどうも頭が痛くなってしょうがないのです。
今後はこっちの水性塗料系を考えてみるかな。

最後にレトロな感じにフィルターをかけてみました。
IMGP0308_mono
これもなかなかいいなぁ

このデザインは良いですねぇ
実にパイナップル仮面してます。






 

何か月か前に話題になっていたものの、
当時人気で結局貰い損ねたVRメガネ付属のSUUMOマガジン。
昨日気が付いたらまた駅構内に置かれていたのでGETしてきましたよ。
調べたらこのようなメガネ付属版は数年前から何度かやってるそうです。
image1
image2

無料なので何も期待せず、どうせ簡易も簡易、ショボいものなんだろうと荒っぽく中身を広げてみると、
結構良いですよこれ!

厚紙2枚で構成された切り離して組み立てるだけのペーパークラフト。
image4
image3
image5
何とレンズが付いてました。全く期待してなかっただけにこれには驚きです。
あとは組み立ての際に張り付ける両面テープも、マジックテープも既に付いてるしで贅沢な作り。
説明通り組み立てるとこんな感じに。
image7
image6
SUUMOの目のせいで間抜けな見た目になりますな。

わくわくしながらSUUMOアプリを入れて鑑賞してみます。
おお!私のしょぼいiphoneでも遅延ほとんどなしで見られますわ。
画面に現れるモデルルームをグルっと見回します。
部屋の中にある〇が書かれている部分を数秒間凝視すると、その奥の部屋に進むことができます。
なかなか良くできています。

で、部屋ばかり見ているのもすぐに飽きたので、世に転がっているVR対応のコンテンツを見てみようと
BOTSNEWをインストール、数々並んでいる中でジェットコースターの映像をチョイス。
おお!画質は悪いけど臨場感が凄いなぁ。VRは良いぞ!

そんな感じで沢山見ていたらすぐに頭が痛くなってきてしまった。
ほどほどにしないといかんね。

以上、模型とは全く関係ない話でしたw 

羊毛フェルトに続き今回もちょっと脱線した話題。

武蔵野市役所周辺に花見に行ったらちょうど開催していた桜まつり。

近くのNTT技術史料館も一般公開していたのでジュウオウジャーショーを無視して行ってみると、
少し前にネットで話題になっていて超欲しかったこれ貰えましたよ。
image4

実はこれはここでしか貰えない電話のペーパークラフトなんです。
これまで何度かモデルチェンジされていて
資料館には歴代のペーパークラフトが並んでいてどれも良い出来でした。

今回のモデルは完成すると緑色の公衆電話になります。
見慣れた感じのこれね。
このタイプは1986年ころから使われていたものだそうです。
こんなにボタン小さかったんだね。

大人でも完成までにかなり時間がかかると書かれているので気合を入れてから開封。
パーツは綺麗に切れ込みが入っているから気持ちよくパチパチ外れます。
それぞれのパーツは一見するとどこにどう使われるのか全く理解できないので難易度が高そうなのは予想できます。
まずは受話器。
全部で6個ものパーツで構成されています。これだけで30分はかかりました。
次に本体内部。
内部は空ではなく、なんとこのペーパークラフト、テレカに対応していて、
付属のカードを入れて通話終了後受話器を置くとちゃんとカードが出てくる仕組みになっているんです。

輪ゴムを動力にカードを出し入れするということで、説明書の通りゴムを引っ掛けてそれを穴にとおして・・・
なんとか組み立てられました。
カードをスロープに滑らせて受話器を置くと蓋が空いて排出~って感じみたいです。

この時点でなんと既に2時間経過。
最後に裏面を取り付けて完成!
image5

非常にリアルで良い出来に感動。
力が掛かりそうな箇所は木工用ボンドで接着したので簡単には壊れないと思います。

そして付属してきた3種類の小さいテレカを入れてみると、
tel03

あれ、・・・出てこないねw
どこかで引っかかってるみたい。
しかし、何度かためすうちに無事出てきました。
この辺の機構もちゃんと動作するのを見ると嬉しくなっちゃいます。
 
ここから入れて~(カードの方向が逆だったわ)
tel01

受話器を置くと下から出てくる
tel02

実は家族で1個づつ貰って作ったので我が家には合計3個の公衆電話が並んでおります。
image7

大きいので置き場所に困りますw
 
そしてあまりに集中して作っていたためその晩はペーパークラフトを作ってる夢でうなされました。
「なんでうまく出来ないんだよぉぉっ」て。
それくらい手応えのあるものだったということですね。 

欲しい人は一般公開の日に行くと貰えますよ。

マシュマロマンは着々と進んでいるのですが、ここで先日作った別のものを載せることにします。
 
最近気になっていた羊毛フェルト。
ネットや本で見ていつかはやってみたいと思っていたところ、
なんと100均で売ってました。
いろんな動物が売っている中、買ってきたのがこれ。
001

180分くらいで完成するということで早速開封。
羊毛を丸めて針で刺していきます
私は器用な方だと思っているのでさすがにこんなふうにはならないだろうと思いつつ
各パーツ用に適当にちぎってザクザクザクザクザクザク。
どこまで固くすればいいのか不安を感じながらザクザクザクザク・・・
たまに指もザクザク・・・

全てのパーツが完成したところで説明書に各パーツの分量が書いてあったことに気づき、ショック!
まぁいいか、と後戻りできないので全部くっつけましたよ。

やっぱり写真と全然違う・・・
可愛くないね。と家族に言われ、他色の羊毛とかでなんとかリカバリーできないものかとムキになってザクザク。

ふぅ、やっぱ変な感じになりましたよ。
私も先ほどの失敗作のまとめの仲間入り決定ですわ。
image3

今まで失敗作を発表してきた方々を心なしか馬鹿にしていた自分を反省。

兎にも角にも羊毛フェルトは手も汚れず、ゴミも出ないので楽ですね。
またリベンジします。

過去作品の紹介です。
先日、転がってボロボロになっていた過去の作品を見つけたのでまとめてみました。

2014年5月ころ作成。
当時息子の電車好きと相まって家族でハマった戦隊、
烈車戦隊トッキュウジャー」の変身アイテム「トッキュウチェンジャー」と「レッドレッシャー」です。
DSC06429
ちなみに販売されていたおもちゃはこんな感じです。

自作したこれらの物、材料はダンボール紙、工作用紙でほぼ90%紙で作ってあります。
トッキュウチェンジャーはamazonのダンボールで作り、黄色と黒のビニールテープで色分け。
レッドレッシャーは工作用紙で作り、最後にアクリル絵の具で彩色しました。
さすがに発光や電飾は無理ですが、ちゃんとセットできてレバーが稼働します。
乱暴に扱っても大丈夫なように稼働する部分はしっかり補強してあります。
ぶん投げても壊れませんw
DSC06427
DSC06428

あ、そういえば「トッキュウバックル」も作ってました。
劇中のメンバーが常時腰に巻いておく列車に乗る際に使用するベルトとパスです。
tp01
tp02
おもちゃの方はこんな感じ
こちらも工作用紙製。劇中、おもちゃをできるだけ再現し、取り外し可能に作りました。

実際に販売されていたおもちゃは役者さんが撮影で実際に使用するくらい大きく作られているので、
幼児にはかなりのサイズオーバーです。
だから自作する際は息子にジャストサイズになるよう小さく作りました。
装着した写真を見るとまだまだ大きかったかも。
DSC06446

戦隊のユニフォームも歴代のものに比べてシンプルだったので、
マリオが描かれた赤いTシャツの背中にビニールテープでデザインを再現して後ろ前に着ると変身できるスーツも作りました。

息子に一式を渡すと意外なほど気に入ってもらえて、
特にレインボーパスは電車で出かける度に親のSuicaを真似して「ピッ!」とするために持ち歩いてました。

あれから数年、役目を果たし終えた彼らは先日の大掃除でゴミ箱へ。
ありがとうございました。 

このページのトップヘ