クリエーちブ

いろいろ作ってみるブログです

タグ:ペーパークラフト

今回はツタンカーメンネタではありません。



やったー!!
公式には11月10日発売の
「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」
なんと! 裏ルートを使って世界最速で手に入れました!!
IMGP0558
IMGP0557

あれ?
よく見るとこれ、初代ファミコンのパッケージじゃ?

タブレットと大きさの比較
IMGP0545

ん?
やっぱりよく見るとどこか変。
タブレットじゃなくてスマホ?

 
・・・なんだか少し小さい?
IMGP0551
 
え?え?え?
もしかして凄く小さい。
IMGP0553
IMGP0554
なんでこんなに小さいの!?

実はこれ、前回チラ見せしたアレ、
自作したファミリーコンピュータの3Dデータを使ったものです。

飽きずにツイッターでもw

 
筐体の3DCGを作って、レンダリングしたものをパッケージに組み込んでプリントアウトして再現しました。
いわゆるペーパークラフトです。
小さく見えているカセット群も本物のパッケージと同じものを同じ順番で並べてあり、
説明文もラベルも同じ、横井軍平氏の十字キーも完全再現です!
box2_for_blog
 
renda_body_cut
renda_casets_
IMGP0542
IMGP0547
renda_controller

コード以外は少しの加工ですぐ3Dプリントできます。
renda3

何か月か前に話題になっていたものの、
当時人気で結局貰い損ねたVRメガネ付属のSUUMOマガジン。
昨日気が付いたらまた駅構内に置かれていたのでGETしてきましたよ。
調べたらこのようなメガネ付属版は数年前から何度かやってるそうです。
image1
image2

無料なので何も期待せず、どうせ簡易も簡易、ショボいものなんだろうと荒っぽく中身を広げてみると、
結構良いですよこれ!

厚紙2枚で構成された切り離して組み立てるだけのペーパークラフト。
image4
image3
image5
何とレンズが付いてました。全く期待してなかっただけにこれには驚きです。
あとは組み立ての際に張り付ける両面テープも、マジックテープも既に付いてるしで贅沢な作り。
説明通り組み立てるとこんな感じに。
image7
image6
SUUMOの目のせいで間抜けな見た目になりますな。

わくわくしながらSUUMOアプリを入れて鑑賞してみます。
おお!私のしょぼいiphoneでも遅延ほとんどなしで見られますわ。
画面に現れるモデルルームをグルっと見回します。
部屋の中にある〇が書かれている部分を数秒間凝視すると、その奥の部屋に進むことができます。
なかなか良くできています。

で、部屋ばかり見ているのもすぐに飽きたので、世に転がっているVR対応のコンテンツを見てみようと
BOTSNEWをインストール、数々並んでいる中でジェットコースターの映像をチョイス。
おお!画質は悪いけど臨場感が凄いなぁ。VRは良いぞ!

そんな感じで沢山見ていたらすぐに頭が痛くなってきてしまった。
ほどほどにしないといかんね。

以上、模型とは全く関係ない話でしたw 

羊毛フェルトに続き今回もちょっと脱線した話題。

武蔵野市役所周辺に花見に行ったらちょうど開催していた桜まつり。

近くのNTT技術史料館も一般公開していたのでジュウオウジャーショーを無視して行ってみると、
少し前にネットで話題になっていて超欲しかったこれ貰えましたよ。
image4

実はこれはここでしか貰えない電話のペーパークラフトなんです。
これまで何度かモデルチェンジされていて
資料館には歴代のペーパークラフトが並んでいてどれも良い出来でした。

今回のモデルは完成すると緑色の公衆電話になります。
見慣れた感じのこれね。
このタイプは1986年ころから使われていたものだそうです。
こんなにボタン小さかったんだね。

大人でも完成までにかなり時間がかかると書かれているので気合を入れてから開封。
パーツは綺麗に切れ込みが入っているから気持ちよくパチパチ外れます。
それぞれのパーツは一見するとどこにどう使われるのか全く理解できないので難易度が高そうなのは予想できます。
まずは受話器。
全部で6個ものパーツで構成されています。これだけで30分はかかりました。
次に本体内部。
内部は空ではなく、なんとこのペーパークラフト、テレカに対応していて、
付属のカードを入れて通話終了後受話器を置くとちゃんとカードが出てくる仕組みになっているんです。

輪ゴムを動力にカードを出し入れするということで、説明書の通りゴムを引っ掛けてそれを穴にとおして・・・
なんとか組み立てられました。
カードをスロープに滑らせて受話器を置くと蓋が空いて排出~って感じみたいです。

この時点でなんと既に2時間経過。
最後に裏面を取り付けて完成!
image5

非常にリアルで良い出来に感動。
力が掛かりそうな箇所は木工用ボンドで接着したので簡単には壊れないと思います。

そして付属してきた3種類の小さいテレカを入れてみると、
tel03

あれ、・・・出てこないねw
どこかで引っかかってるみたい。
しかし、何度かためすうちに無事出てきました。
この辺の機構もちゃんと動作するのを見ると嬉しくなっちゃいます。
 
ここから入れて~(カードの方向が逆だったわ)
tel01

受話器を置くと下から出てくる
tel02

実は家族で1個づつ貰って作ったので我が家には合計3個の公衆電話が並んでおります。
image7

大きいので置き場所に困りますw
 
そしてあまりに集中して作っていたためその晩はペーパークラフトを作ってる夢でうなされました。
「なんでうまく出来ないんだよぉぉっ」て。
それくらい手応えのあるものだったということですね。 

欲しい人は一般公開の日に行くと貰えますよ。

このページのトップヘ