クリエーちブ

いろいろ作ってみるブログです

タグ:塗装

あれからもうちょっとファレホを使ってみての感想です。

まず、前回作った水性パレットはかなり使い勝手がよく、
途中で終了しても蓋をしておけば次回すぐ使い始められます。
特に混色したものをそのまま取っておけるなんて便利すぎ。

逆に乾いた塗料は一度水分がなくなってしまったらもう水には溶けません。
特に筆に付いたものは取り除くのはなかなかに困難です。
だから筆は何本か用意しておいて使ったらすぐ水にジャボン!
で洗ってる間に次の筆を使う~みたいな流れにしています。

筆先はみなさん気にしますが根本にも塗料は浸透するんですよね。
根本もすぐに乾いてしまうので、乾燥する前にジャボンしてキレイにしないとやばいです。
10回塗ったら1回ドボン。
自分的にはそのくらい頻繁にやったほうが良いと思ってます。

もし専用クリーナーみたいなものがあるのだったら欲しいですね。

筆塗りで気になるのが筆跡。
こちらは全く気にならないです。本当にキレイなもので、
乾くとどちらの方向に塗ったのかもわかりません。
ただ1度筆を乗せた所は乾くまで放置しておかないとダメ。すぐ何度も同じ所を塗ってはいけません。
臭いもないので急がずゆっくり何かしながら塗るくらいで良いと思います。
とにかく焦っちゃだめです。

■隠蔽力
隠蔽力は色によってかなりの差があります。
これはどの塗料でも同じですね。
黄色、赤、白などは何度も塗り重ねないと下の色が見えてしまいます。
ただ、白はかなり良いです。
もちろん何度か重ねる必要はありますが最後は綺麗に下地を隠してくれます。

■調色
塗って乾いたあとは色味が1段階沈みます。
なので明るめの色を選んで塗る必要がありますね。
そして色を混ぜれば混ぜるほどどんどん彩度が落ちます。
ファレホがあれだけ色を販売しているのは
混色で自分の欲しい色を作るのは難しいので
欲しい色を選んで購入というのを推奨しているからかもしれません。

そして色毎に粘度や粒度が違うのでそういう面でも混色が難しいです。
しっかり混ぜても水性パレットに残った塗料を翌日見ると分離しています。

■ウオッシュ
ウォッシュで全体を塗るとそれこそ全体の色味が落ちるので、
奥まった部分にだけ流し込んでスミ入れとして使おうおうとするんですが、
塗った部分と塗らない部分の堺がはっきりしてしまいます。
そして乾燥が早いので更に始末が悪い。
結局、対策として少ない範囲に塗料を塗って境界をすぐに乾いた筆で拭き取る。
この方法でなんとかごまかしてます。

本来のウォッシュの使い方は
全体に1色塗って、その上から全体にウォッシュ。
で最初に塗った色を明るい部分に上から重ねていく。でしょうね。
こちらのせなすけさんの塗装方法が参考になります。

結局、アクリル塗料なので上から塗り重ねていく使い方しかないんですね。
下の色を活かして重ねていくような塗り方は考えないほうが良いと思います。

■塗膜
ラッカー塗料しか使ってなかったんですが、ラッカーと比較してすごく弱いです。
こちらの大きなパーツなんかは知らないうちに何箇所も剥がれてしまい、どうしようもなくなって
他の色を塗り始める前にポリウレタンマットバーニッシュを塗って保護することにしました。
どこかのサイトにバーニッシュは3度塗り推奨となってましたので3回を予定。
aaaaaa
そして「瓶は振るな、棒で混ぜないと泡立つぞ」
と書いてありました。
目薬タイプのノズルなのに振らずにかき混ぜろというのは使うたびにノズルをはずせということなのか?
まぁとりあえず振ってみました。
たしかに泡立つけれど塗る時に泡が残らないように注意して塗ったら泡は問題じゃなかったです。
どのくらい強度に違いがでるのかレジンに直塗りしたもので試しました。
左が塗料を塗ったまま。右がバーニッシュ塗布。
IMG_20200116_140617
3度塗って乾燥&硬化待ちで1、2週間、十分に放置したのを確認しつつ恐る恐る爪でカリカリと・・・
ほぉ これはかなり硬いですよ。
軽く引っ掻いても傷付きません。
バーニッシュを塗るとものすごく丈夫になります。
”ポリウレタン”とうたってるだけあってさすが!

で、もうすっかり忘れられてるほい~るくんを塗ってみました。
IMG_20191119_105144
まぁ良い感じ。
意外と上手に塗れました。
4a3d047e-p
IMG_20191122_094015
元絵と比べても憎たらしい感じがよく出てますね。
これはさっさと仕上げて裏にマグネット仕込んで完成させます。



混色が期待できないのでやっぱある程度のセットを買っておいたほうが良いですね

今回は塗料の話

最近水性塗料が話題で、その中でもシタデル、ファレホの話をよく聞きます。
ラッカーは臭いし、準備が面倒なのでどうにか代替できるならしたいなと思い、
ファレホの方を買ってみることにしました。
なぜファレホにしたかというと、ボトルの形が気に入ったからです。
押すと一滴ずつ出るタイプなので倒してもこぼれないし、適量出せるのです。

今回買ったのはこちら
color
これだけあればまぁ大概のものは大丈夫かと。
筆は100均でネイル用の細いやつを中心に購入。
IMG_20191119_113255

あと重要なのがパレットです。
ちょっと塗ってみたところ、塗料の乾く速度が早いのでそのままだと
あっという間にガビガビになってしまいます。
なので、こんな感じのものを用意します。
やはりネットで知った情報ですけど、使ってみたらすごく良いので超おすすめです。
IMG_20191119_113217
水を入れたタッパにスポンジを浸して、
IMG_20191119_113229
その上にクッキングペーパーを乗せるだけです。
この上に塗料を乗せて使うんですが、いくら放置しておいても乾かないです。

そしていままで作って放置しっぱなしの猫さんを塗ってみました。
ブログに書く前にいつの間にか複製してある猫です。
IMG_20191119_105015
はじめに、買った塗料のうち、「ウォッシュ」というのを試します。
ウォッシュというのは墨入れに使う塗料みたいなんですが、
エナメル塗料のように最後に流し込むタイプではなく、
「全体のトーンを統一させつつ凹んだ部分に残る」
そんな感じの塗料みたいです。
いまいち効果が理解できなかったのでこれを最初にテストすることにしました。

元からシャバシャバのウォッシュを水で更に薄め、全体にさらさら~っと塗りました。
そして、残ってほしくない凸部分に対し別の筆で軽く拭き取っていきます。
結果は、上の画像の左半分。
全体にうっすら色が残りつつ墨入れされていますね。
凹んだ部分だけに塗る従来のエナメル塗料のような使い方とは違うということでしょう。

次にグラデーションはどうすればいいのかなと赤を塗ってみることに。
塗料を筆につけ、かすかに残るようにして残りを拭き取ります。
いわゆるドライブラシですね。
そしてその筆で何回もこする感じで色をのせていくことでグラデーションを作ることができました。

IMG_20191119_104944
耳とこめかみの部分です。
ドライブラシに適した筆を使うともっとうまくできそうです。



ファレホは色数がたくさんあるので迷ってしまいます。
まずはこのようなセットを買うのも手ですね。



このページのトップヘ